青汁で便秘解消!選び方とおすすめの原料は

MENU

青汁で便秘解消!選び方とおすすめの原料は

悩まされている女性がとても多く、とても厄介な便秘。
そしてとても高い便秘解消効果があることが世間に認知されてきている青汁。青汁で便秘を解消しようと考える人が多いですが、青汁の種類ってすごく多いんですよね。

 

いくつもの会社が青汁を作っていてどれがいいのかわかりづらいですし、人によって合う合わないがあります。そこで、便秘解消のための青汁の選び方とおすすめの原料を説明します。

 

 

特定の商品よりも原料で選ぼう

 

どの会社のどの青汁が・・・という選び方よりは、原料で選んだほうがいいですよ。これは私自身の意見になるのですが、原料で選んだほうが失敗がありません。同じ原料を使っていればA社の商品もB社の商品も大差はないんです。商品の選択肢が多くて惑わされるよりも原料で選んだほうが確実ですよ。

 

青汁の原料は主に「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つです。この3つの中から、便秘に効果的な原料を選べばいいわけですよ。

 

 

できるだけ余分なものが入ってない青汁

 

3つの原料から1つの原料を選んだ後には、その原料がどれだけの割合で含まれているかを考えなければいけません。飲みやすくしようとして余分なものをいれ、ケールや大麦若葉などの基本的な原料の割合を減らしている青汁も多くあります。確かに飲みやすくて続けやすいのは良いのですが、これでは効果が薄れてしまうんですよ。

 

もちろん、ほかの野菜にも同じような栄養素が含まれているんですが、青汁の原料となる3つの葉っぱたちに比べれば、たいしたことが無いんですよね。だからできるだけ原料100%に近いものを選びましょう。

 

 

便秘解消にはケール

 

結論から述べると、青汁の原料の中で便秘解消にオススメなのはケールです。欧米では普通に野菜として食べられているこのケールですが、私たち日本人からすると青汁の原料としておなじみですよね。かなりポピュラーな原料です。

 

ケールには、トマトの4倍近くの食物繊維が含まれています。
食物繊維は胃のはたらきによって消化されることなく腸に流れ、体にたまった不要なものをからめとり、そのまま便として出してくれます。食物繊維の体積があまりにも大きいので、たまっていた便が押し出されるという認識でも間違ってないですね。

 

もちろん食物繊維はほかの原料でも豊富に含まれているのですが、3つの原料の中でも特にケールに豊富に含まれています。

 

 

ケールの青汁で便秘解消!

 

個人的に、便秘になりやすい人はあまり生野菜を摂らないんだと思います。野菜を摂るということは、火にかけた野菜を食べるということではありません。野菜は流水にあたりすぎたり火にかけられると食物繊維などの栄養素が壊れてしまうんですよ。

 

たとえばキャベツなんかはその典型で、生で食べるとしてもあまり水で洗わないほうがいいんです。サッと流す程度にしないと、水と一緒に栄養が流れます。水溶性の栄養素が多いためなんですね。

 

でも生野菜で十分な栄養を摂るのは難しいです。
そこでケールの青汁を飲んで便秘解消に役立ててみてはいかがでしょうか。必要な栄養を効率的に取り込めますよ。

関連ページ

脱便秘薬!青汁と健康予防と快便体質に
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
便秘、むくみ対策には青汁を。スッキリ生活はじめよう
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
便秘解消に青汁を飲むときのタイミングと注意点
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
野菜不足から便秘がちに?肉料理好きなあなたへ青汁のすすめ
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。