止まらないオナラ。青汁で腸内環境の改善を

MENU

止まらないオナラ。青汁で腸内環境の改善を

オナラが止まらない。
なんだか阿呆らしい悩みのように思えるかもしれませんが、この悩みを持つ人にとっては大問題です。字面はとても間抜けで阿呆らしいのですけどね。

 

オナラが止まらないという悩みは、経験したことのある人ならわかるかとおもいます。出来る限り我慢したいオナラが止まらないというのは一大事。しかも我慢すればするほどお腹も痛くなってきて・・・仕事や家事に支障が出るんですよね。

 

かといってあまり出したくない・・・。
困ったものです。この止まらないオナラ。原因と改善策はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

オナラが止まらない原因

 

オナラが止まらない。
オナラが頻発する。
その原因とはいったいなんなのでしょう。

 

悪玉菌が増えている

 

腸の中には、2つの菌が存在しています。
ひとつは善玉菌。
ふたつは悪玉菌。
これら2つのバランスが崩壊してしまうことによって、オナラが出やすくなります。オナラが止まらないという人は、これら2つのバランスが崩壊してしまっている可能性が高いです。

 

悪玉菌は増えてしまうと腸の中をどんどん腐敗させていきます。腐らせてしまうんですね。そうして腐ったことによってアンモニアやスカトールという臭いガスが発生。これがオナラとして外に出ようとするわけです。

 

何故バランスが崩壊するか

 

2つのバランスが崩壊する原因は、食生活のバランス。悪玉菌はたんぱく質や脂質を食らうことによって増えていきます。お肉ばかり食べていると悪玉菌が増えてしまう。

 

善玉菌は野菜に含まれる食物繊維や乳製品に含まれる乳酸菌によって増えます。お肉と野菜をバランスよく食べれば、バランスが崩壊せずに済むわけですね。

 

 

野菜不足を解消して腸内環境改善!

 

悪玉菌と善玉菌。
これら2つのバランスを支えるのはバランスの良い食事。お肉が不足するということは現代人はあまりありませんよね。不足しがちなのは・・・野菜。

 

生野菜を食べよう

 

食物繊維をたくさん摂るには、緑黄色野菜を食べたり、生野菜を食べる必要があります。どうして生なのかというと、食物繊維は火に弱いんですよ。長時間火にさらされると、食物繊維はバラバラに砕け散ってしまいます。

 

だから生野菜を食べる必要があるんですね。一食で必要な生野菜は、だいたいサラダボウル一杯分。しかも結構ギリギリまで盛らなければいけません。

 

食物繊維が豊富なのはキャベツやレタス、ほうれん草。ほうれん草は茹でる必要がありますが、キャベツやレタスは生で食べられますね。

 

青汁はどうか

 

生野菜と緑黄色野菜が大切ということは、青汁はどうでしょう。
青汁は生野菜や緑黄色野菜の栄養がびっしりと詰め込まれたもの。それを飲むことによって、食物繊維をたくさん摂ればいいのではないか。

 

その考えは、大当たりです。
特にオススメなのがケールの青汁。キャベツが食物繊維が豊富だという話をしましたが、ケールはそのキャベツの原種。キャベツはケールを品種改良してできたものです。

 

その大元。
ケールはキャベツの数倍の食物繊維が含まれています。

 

さらに、青汁を水ではなく牛乳で溶かすことによって乳酸菌も一緒に摂れるんです。ヨーグルトと混ぜてアレンジしてみてもいいかもしれませんね。アレンジの幅も広く、乳製品と混ぜることによってさらに善玉菌を増やす効果が得られる。そういうわけで、私は腸内環境を整えるなら青汁をオススメします。

 

お肉料理と一緒に青汁を飲めば、腸内のバランスはよくなり、おならが出にくい体質に変わっていくわけですね。

関連ページ

オナラの回数が多い!解決法は青汁がベストか
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
お腹が張りやすい方のための青汁入門
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
ガスが溜まりやすい体質の改善は青汁が最適?
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
便秘でもないのにお腹が張る。そんな方は青汁が良い?
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。