便秘薬はNG!妊娠中のお通じ問題は青汁がベストか

MENU

妊娠中の便秘。なるべく薬は避けよう

妊娠中に便秘になってしまったという経験がある人も多いと思います。
また、現在妊娠中で便秘という人も多いでしょう。
便秘も妊婦の症状のひとつらしいですが、そこで便秘薬を飲むのはどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、便秘薬はあまりよくありません。
妊娠中のお通じ問題には何がいいのでしょうか。

 

 

便秘薬がよくない理由

 

便秘薬があまりよくないと言いましたが、それは何故でしょうか。
普段から市販の便秘薬を飲んでいる人は要注意ですよ。

 

どの成分が危なくてどの成分が良いのかわからない

 

妊娠中は、お母さんが摂取した成分が赤ちゃんに影響を与えることがあります。
お母さんの栄養は赤ちゃんにもいきわたりますし、お母さんが刺激の強いものを摂取すれば赤ちゃんにも刺激が伝わるんです。
アルコールがだめと言われているのもその理由ですね。

 

市販の便秘薬だと、どの成分が赤ちゃんに害がないのかがわかりませんよね。
自分で判断できるという人は少ないと思います。
市販のものを買うと、自分に合っている成分のものかがわからないというのは妊娠中でなくてもそうです。
もともとあまり良くないんですよ。

 

産婦人科にもらったものはセーフ?

 

妊娠中の便秘を産婦人科に相談をすると、産婦人科に下剤を処方されることもあります。
その場合は規定量であれば飲んでも問題ありませんよ。
妊娠のエキスパートである産婦人科の先生が「大丈夫」と判断して処方しているわけですからね。
危険なのはあくまでも市販薬です。

 

 

相談とかなしで手軽に・・・

 

産婦人科に「便秘なんですけど」と相談するのは少し勇気がいるかと思います。
お医者さんが男性だった場合は特にですよね。
そこで、相談とかなしで手軽に便秘を改善するにはどうしたらいいのかを説明します。

 

食物繊維をたくさん摂ろう

 

便秘改善には食物繊維が良いとされています。
食物繊維は胃腸の消化活動によって消化されることがない栄養です。
消化されずにそのまま腸の中を通るので、腸の中にたまってしまったものを掃き出してくれるんですよ。

 

体積が大きくて腸の中を通るには結構ギリギリだとイメージしてください。
ギリギリのものが通るときに、そこに何かがたまっていたら、押し出されますよね。
もしくは絡みつくということは想像できると思います。

 

そういうわけで、食物繊維をたくさん摂れば便秘は改善されるんですよ。
ただ、食物繊維を必要な量食事で摂るのは意外と難しいもの。
そこでオススメなのが青汁です。

 

青汁で食物繊維を気軽に!

 

青汁にはとても豊富な食物繊維が含まれています。
その豊富な食物繊維がコップ一杯に詰まっているんです。
毎日食べている食事はそのままで、何も変えずとも寝る前にちょっと青汁を一杯飲んでおくだけで朝起きたらお通じが改善される。

 

とても気軽で安心ですよね。
しかも野菜に含まれている栄養素を摂取しているだけですから、赤ちゃんに影響はありません。
妊娠中のお通じ問題には青汁がベストでしょう。

関連ページ

週に1回の排便ペースは危険信号?妊婦さんの便秘対策
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
赤ちゃんに負担のない妊娠中の便秘解消法。青汁で一石二鳥
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
妊娠後期の便秘対策。つわりが終わった時期から始めるべきこと
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。
妊娠中の便秘とオナラは青汁で対策を
便秘改善のためのおすすめの青汁をご紹介!便秘がちの方はぜひご覧ください。